ジュリアン メラノ

 

舞台演出家で舞台俳優のジュリアン メラノは、
様々な芸術スタイルを散りばめ混在させた演劇に
重きを置いた舞台を手掛けている。

彼の、言葉遊び、音を巡る経験、人物像の輪廻、
そして入念なイメージ作りにおける関心の強さが、

形式にとらわれない、不合理さや、遊び心、変身、怪物、
転換(逸脱)、そして詳細にこだわった演
劇作品へと繋がっている。

 

1999年より、数々のコラボレーションを通じ
て複数のオリジナル作品を制作、中でもオブジェ
を取り入れた演劇と現代的な流れのあるスタイル
作りに重点を置いている。

彼の作品はフランス国内の舞台を始め、
世界各国の舞台で公演されている。

 

水玉のスリル
 

^ haut de page